Sponsored Link

マナラホットクレンジングゲル

クレンジングの種類はたくさんあるけど結局何が違うの?

クレンジング種類

 

ホットクレンジングに、クレンジングオイル、クレンジングジェル、
クレンジングミルク、クリーム、リキッドなどとた〜くさん種類がありますが、
いったい何が違うの?

 

 

この質問に皆さん答えられます!?
かくいう私は、残念ながら ウッ と詰まりました。
メイクが落ちればいいや、と深く考えていませんでした・・・・。

 

 

結論から言いますと、タイプによって特徴がことなるのは当然ですよね。
成分的な違いは、水と油と界面活性剤の配合量なのです!

 

 

また、界面活性剤です。
マナラホットクレンジングゲルの成分を徹底調査!にも出てきたワードです。
それほど、切っても切れないのがクレンジングと界面活性剤なのですね!!

 

 

マナラホットクレンジングゲルマナラホットクレンジングゲル

 

クレンジングタイプ別のメリットデメリット

油量多い

クレンジングオイル、クレンジングクリーム

 

中間位

クレンジングシート、クレンジングジェル

 

水の量多い

クレンジングリキッド、クレンジングミルク

 

おおざっぱにまとめるとこんな感じです。

 

 

クレンジングオイル

メリット : 化粧とのなじみが良く、簡単に化粧を落とせる。
デメリット : 油分を落とすのに界面活性剤が多く配合されている。 

バッチリメイクの女性にオススメです。

が、正しい使い方をしないと肌ダメージになりやすいのでご注意を!

 

クレンジングクリーム

メリット : 保湿力が高く、刺激も少ないものが多い。
デメリット : 製品によってクレンジング力に差があって、使用後に油膜が残る場合も。

乾燥肌の女性にオススメです。

 

クレンジングシート

メリット : 部分メイクなどを手早く落とせる。
デメリット : 肌を擦ることになるので肌に優しくない。肌に洗浄剤も残ってしまうので洗顔必須!

旅行中などにオススメ!

 

クレンジングジェル

メリット : 肌を擦らないで洗えるので刺激が少なめ。オイルタイプだと洗浄力期待できます!
デメリット : オイルフリータイプは界面活性剤が多めなので使い方注意です。

白く濁った乳化ジェルだとクリームタイプに近く肌にやさしい!

 

クレンジングリキッド

メリット : お風呂で濡れた手で使えるタイプが多い
デメリット : クレンジング力は製品によりけり。界面活性剤で洗浄するので使用方法に注意が必要。

製品の実力差が大きい。

 

クレンジングミルク

メリット : クリームより伸ばしやすく、洗い流しやすい。刺激も低め。
デメリット : クレンジング力が低い。

ばっちりメイクの女性には向かない!

 

 

簡単にまとめるとこんな感じです。
なんとなくイメージできたでしょうかね。
自分のお肌のタイプやメイクの仕方などに合わせて選ぶことが大事ですね。

 

 

肌にやさしい界面活性剤を使っているマナラホットクレンジングゲル

Sponsored Link

マイルドクレンジングジェル

関連ページ

クレンジングは短い時間でこすらないが鉄則!
メイクをしっかり落とさなきゃと思って、時間をかけて念入りに、しかもゴシゴシとこすってクレンジングしてませんか?メイク落とし=クレンジングの時間は1分程度が目安でこすらないがポイント!