Sponsored Link

マナラホットクレンジングゲル

メイク落としクレンジング剤の界面活性剤を調べるほど奥が深い

界面活性剤 泡

 

クレンジングと界面活性剤は、切っても切れない関係であることは、
クレンジングのこと知ってます!?で詳しく書きました。

 

 

しかしながら、どうも腑に落ちないこともあり、さらにいろいろ調べてみたのです。
まさに科学的解析!!

 

 

そこでたどり着いたのが、
サッポー美肌塾!!

 

サッポー美肌塾とは

サッフォ化粧品株式会社が運営している美肌塾サイトです。
スキンケアの正しい知識やポイント、疑問などを解決してくれるサイトなのです。

 

サッフォ化粧品株式会社では、“スキンケア(製品)はその性質上、対面で提供すべきもの”という信念を持っています。しかし、より多くの方にスキンケア(製品)の良さを知っていただくには、スキンケアを案内する多くの優秀なスキンケアアドバイザーと、案内できる場所(店舗・教室)が必要でした。

 

「自宅でできるスキンケア教室」は、郵便・FAX・Eメール・フリーダイヤル・サッポー美肌塾サイト・スキンケア相談室を通じ、「あなたの肌」を互いに知り、肌の健康が育ち、美肌が育つケアの提供を可能にしています。

 

営業や販売組織を持たない対面販売の化粧品会社として、独自の道を歩んでいます。

 

 

引用元:サッフォ化粧品株式会社公式サイト 会社概要

 

 

サッポー美肌塾は、サッフォ化粧品の自宅でできるスキンケア教室の一環のサイト。
だから、スキンケアプロの情報が取得できて勉強にもなるのです!

 

 

特に、強制的にサッフォ化粧品を購入しなくても良いので、とても便利で役に立つのです。
実際に@cosmeの口コミを見ていても、サッポー塾生です!と書いている人をよく見かけます。
(サッポーに意識を向けているかもしれませんが・・・)

 

 

マナラホットクレンジングゲルマナラホットクレンジングゲル
マナラホットクレンジングゲルマナラホットクレンジングゲル

洗浄能力があるかないかが、クレンジング剤の大きな違い!

私がクレンジング剤の界面活性剤を色々調べた中で、腑に落ちたのがこの記事でした。

 

現在では洗浄剤を使用したメイク落としが主流になり、クレンジング料と洗顔料の境界は曖昧になっています。このような事情からか、洗浄力のあるクレンジング料でも、使用後に改めて洗顔料を使用する昔ながらのスタイルが多いのも事実です。化粧落としと洗顔は別のケアだから、製品もそれぞれあって当然という認識があるからでしょう。

 

この場合、洗浄剤で同時に二度洗っている計算になります。つまり洗い過ぎがおきやすい洗浄方式になっています。一方、ストレートにメイク落としも洗顔もこれ一つでOKと案内しているものもあります。メイク落としに洗浄剤が使用されている場合、この案内が妥当と思われるのですが、幸か不幸か、二度洗う方式の方が多くの人に受け入れられたように思います。

 

 

 

要は、ダブル洗顔のことです。
クレンジング剤に洗浄成分である界面活性剤が配合されているのに、
さらに、洗顔剤を使って顔を洗うということはとても肌に好くないですよ〜。

 

 

だったら、クレンジング剤に洗浄成分である界面活性剤が
入ってないクレンジング剤を使いましょう!
という風に私は解釈しました。

 

 

しかしながら、界面活性剤が配合されているかいないかは、
素人ではわからないのです!

 

 

泡タイプは、界面活性剤が配合されてないと泡にならないのですぐわかります。
でも、オイル、ジェル、クリームタイプになると判断不能!

 

 

成分を調べれば良いのでは?
と思っても、なかなかわからないものです。

 

 

わたしも、マナラホットクレンジングの成分を調べたのですが、
界面活性剤が配合されていることがわかっても、
洗浄成分なのか乳化のためなのか判断がつきませんでした。
成分が気になる!マナラホットクレンジングゲルの記事で書いています。

 

 

結局、メーカー側が謳っている石油系界面活性剤を使用せず、
洗浄成分ゼロを信じるしかないのでした・・・。
それほど、素人だと困難なのです。

サッポー美肌塾では実際にクレンジングを使用して判断するのを推奨している

クレンジング剤を実際に使って確かめるのが確実な方法なのです!

 

 

たしかに!

 

 

判断基準は、クレンジング剤を使用した後の感じです。

 

 

さっぱり〜していたら、洗浄成分配合!
ヌルっとしていたら、洗浄成分なし!

 

 

ということです。
この定義で判断するのです。

 

サッポー美肌塾としては洗浄成分なしのクレンジング剤の使用をイチオシ!

 

当然、サッフォ化粧品のクレンジング剤は、界面活性剤なしですのでイチオシです。

 

 

わたしも、このサッポー美肌塾理論が理にかなっていると判断しました。
だからといって、サッポーのクレンジングクリーム(メイク浮かし)を
使用しているわけではありません。
でも、使ってみたい・・・。というのが本音。

 

 

サッポーのクレンジングクリーム(メイク浮かし)を使えば、
洗浄成分有無の判断比較材料にもなりますし、
サッポー理論の真意もわかりますものね。

マナラホットクレンジングゲルは使用後どうなのか?

実際に私が使用しているのは、マナラホットクレンジングゲルです。

 

 

マナラでクレンジングした後がどういう感覚かと言うと、

 

 

さっぱりはしません。
どちらかというと、ヌルっとした感覚。
さらに言えば、肌がモチモチ感した印象です。

 

 

ということは、メーカーが言うとおりに洗浄成分なしなのでしょうか!?
ホットクレンジングの肝である温感ゲルが、
肌を温めながらロールアップ効果でメイク汚れを落とすと言うこと?

 

 

真意はまだ疑問ですが、ドラッグストアで売っている洗浄成分入りの
オイルクレンジングたちよりは、間違いなく良い!とは言えるかと。

 

 

たとえば、以前使用していた、ちふれクレンジングオイルとかね。
ちふれクレンジングオイルの成分には、
イソステアリン酸PEG-8グリセリル 25.0%
とバッチリ界面活性剤の名称が記されていますからね。

 

 

使用後もさっぱりしますし・・・。
その分、メイク落ちもかなり良いですけどね。

 

 

サッポー理論によると、ちふれクレンジングオイルはオススメできない。
マナラホットクレンジングゲルは良い部類に入る。
という解釈に私はなりましたよ。

 

 

マナラホットクレンジングゲルマナラホットクレンジングゲル
マナラホットクレンジングゲルマナラホットクレンジングゲル

Sponsored Link

マイルドクレンジングジェル

メイク落としのクレンジング成分界面活性剤を調べるほど奥が深い記事一覧

クレンジング剤選びには、界面活性剤の洗浄成分の有無がポイントであると、メイク落としのクレンジング成分界面活性剤を調べるほど奥が深いで書きました。肌には良い!ということは、よ〜くわかったのですが、肝心のメイク落ち具合はどうなの!?という疑問にぶつかるわけです。そりゃあ、洗浄成分有のクレンジング剤が良いに決まってますが、洗浄成分ゼロのクレンジング剤もそこそこ落ちると思います。私の使用しているのは、洗浄...